会社概要

お問い合せ

TEL:03-3451-1900
FAX:03-3451-1905
受付時間 月-金 9:00-17:00

このページのトップへ

company

会社沿革

FEAST International Inc.,

フィーストはラテン語「祝宴」を語源とし、英語で、ご馳走や、もてなしという意味を持った言葉です。
[Foodservice & EAtery Specialists Team] の頭文字でもあり、食品、外食、中食産業に関わる、企画開発のプロフェッショナルである企業姿勢を表しています。

1994年

フィーストインターナショナル設立以前、古市と福田の2人はバブル終息期に設立された味の素の子会社に勤務していた。そこは規模が大きく設備は充実していたものの、固定費が高すぎて時代の変化に対応できず、2人は顧客ニーズを充足出来ないジレンマを感じていた。

1995年4月

company-history-01.jpg

「規模は小さくても今までのノウハウを生かし、スピーディーで小回りの効く業務を行えば、満足して頂けるマーケットがあるに違いない」という信念の元、古市と福田の2人はメニュー開発を核としたコンサルティング会社を設立し、独立した。

フィーストは、貯金と友人の出資による資本金1400万円と、友人のオフィスの片隅、約6畳を間借してのスタートだった。不況時の無謀な独立であったが、古市は逆にこんなに景気が悪い時に会社をやっていければ、いつでも乗り切れるのではないかと感じていた。当時、古市37歳、福田29歳、まだバイタリティのある30代で会社を立ち上げたいと言うのは、予ねてからの古市の希望だった。会社経営のスタートは順風満帆ではなく、大金だと思っていた資本金は見る見るうちに無くなっていったが、過去の仕事の信頼からコネクションが豊富であった 2人は、伊藤忠の子会社からの受注など、序々にそして着実に業務をこなしたが、結局、初年度は400万円の赤字であった。

1996年8月

設立1年が過ぎた頃からの売上上昇に伴い社員を増やしたため、自前のオフィスを持つために、高輪に35坪の安い好物件を見つける。しかし、35坪は当時のフィーストには大きすぎたため、1人でオフィスを持っている友人に部分貸しをすることで、高輪にオフィスを持つこととなる。

新しいオフィスには、思いきってキッチンの設備を設け、試食会や撮影ができるようにした。この思いきった投資が功を奏し、順調に業績が伸びた。

2002年2月

company-history-02.jpg

オフィスを現在の田町に移転。現在のオフィスはキッチンも高輪のオフィスに比べ2倍の大きさで、ティスティングルーム、グループインタビュールームなどを設け、現在に至る。