お問い合せ

TEL:03-3451-1900
FAX:03-3451-1905
受付時間 月-金 9:00-17:00

このページのトップへ

鯛とはまぐりのパエリヤ

春のうま味がたっぷりのパエリヤ


材料

(2〜3人分)


1 合分
ち鯛 1 尾
ち鯛のあらのスープ 700 ml
8 個
白ワイン 50 ml
玉ねぎ 1/2 個
にんにく 1 片
EXバージンオリーブオイル 大さじ 3
サフラン 小さじ 1/2
パプリカ(粉) 小さじ 1/2
少々
こしょう 少々
●ち鯛のあらのスープ
ち鯛 1 尾分
玉ねぎ 1/3 個
セロリ 30 g
にんじん 30 g
900 ml
ローリエ 1 枚
白粒こしょう 10 粒
パセリ 適量
レモン 1/2 個

作り方

1.鯛は三枚におろし、アラは流水で20分くらいさらす。身の部分は中骨を抜き、3等分くらいにきり、塩をふっておく。玉ねぎ、にんじん、セロリは薄切りにしておく。
2.鍋に鯛のあらと水を入れ、火にかける。沸騰したらアクを取り、1の野菜とローリエ、白粒こしょうを入れ、30分くらい煮て、目の細かい網でこしておく。
3.玉ねぎとにんにくはそれぞれみじん切りにする。サフランは鯛のあらのスープ少量につけておく。
4.蛤は砂だしをして、白ワインとともに鍋に入れ、フタをして蒸し煮にして、煮汁と貝にわける。
5.パエリヤ鍋にオリーブオイル大さじ2とにんにくを入れ、香りが出たら玉ねぎを入れて炒め、透き通ったら鯛を入れ、両面焼き色をつけ、取りだす。
6.5に米と残りのオリーブオイルを入れ、炒める。米が熱くなったら、蛤の煮汁とたいのあらのスープを入れる。そこにサフラン、パプリカを入れる。
7.6が沸騰するまで強火にし、10分位煮たら、そこに鯛と蛤を戻し入れ、10分くらい煮て、180℃のオーブンに入れ、水分がなくなるまで10分位加熱する。
8.7をオーブンからだし、アルミホイルをかぶせ、10分位蒸らす。
9.8にパセリのみじん切りを散らし、くし形に切ったレモンを添える。



ポイント

1.魚のあらのスープをとるのが面倒だと思う方は切り身にせず、魚を丸ごと入れて、炊いても美味しくいただけます。
その場合は鯛は別のフライパンでサッと両面だけ焼き目をつけ、パエリヤ鍋に入れた方が作りやすいかもしれません。

2.パエリヤの水分のとばし方は好みですので、水分がない方が好きな方はスープの分量を調整してください。またスープの量が火加減でもかわりますのでやや多めに用意し、調整しましょう。