ブログ

お問い合せ

TEL:03-3451-1900
FAX:03-3451-1905
受付時間 月-金 9:00-17:00

このページのトップへ

つと麩::feast's BLOG by 福田

皆さん、生麩は好きですか〜。生麩といえば、調理師学校の卒業旅行に京都にいき、京都の名店、「麩嘉」さんとの出会いが初めての経験でした。

最初に生麩を食べた時、なんて美味しいものだろうと大感激!もうかれこれ20年以上も前の話。そのころは東京ではあまりポピュラーではありませんでした。加賀料理の大志摩さんのお昼のお弁当を食べると、その中に「麩まんじゅう」がはいっていました。それを食べるのが楽しみでした。それから大好物、デパートなどで売っているとついつい買いたくなる食材のひとつです。
今度の料理教室で生麩を使用するので、築地の角山本店さんに行ってきました。築地にいくと、ついつい、目にしたいろんな物を買いたくなる私。いつも買ってはいけなと思うのですが〜、その時もめずらしいものが。
じゃ〜ん「つと麩」です。
tutofu.jpg
江戸の生麩だそうです。ちくわ麩の生という感じでしょうか?今では東京ではあまり見なくなった食材のひとつ。発酵させているので、ちょっと酸味があります。
甘く煮付けて食べるのが一般的とのこと。
tutofu2.jpg
食べてみるとほのかな酸味、素朴な美味しさでした。
ちくわ麩もそうなんですが、よくよく見てみると、とっても可愛い形をしているんですよ〜。輪切りにしてあげないとわからないのですが、なかなか表情が可愛いんですよ〜。昔の方はすごい!なんか粋な感じです。最近年のせいか、昔からある食べ物を見直すことがあります。昔から脈々と続いているものは、「力」がありますね〜。
新しいものばかり目をやらないで、昔から伝わる材料や料理法、料理を見直していかなければいけませんね〜。
皆さんも築地に行ってみてむださいね。いろんな出会いありますよ〜

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.feast.to/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2258

コメントする