ブログ

お問い合せ

TEL:03-3451-1900
FAX:03-3451-1905
受付時間 月-金 9:00-17:00

このページのトップへ

春はやっぱり鯛!::feast's BLOG by 福田

なかなか予約のとれない店で有名な新橋「笹田」。先日、もしかしたらと思い連絡したら、あっさり予約がとれてしまいました。やった〜ということで、すぐに友人に電話をし、行こうということになり、お食事に。

先日、食事会でご一緒だった方といろいろなお店の話になり、笹田の「鯛茶」食べたことある?と聞かれ、「いいえ」と。あれは絶品だよと言われ。絶対食べなくちゃと思い、予約の際にいったら、OKとのこと。楽しみ、楽しみ!笹田のご主人はあの名店で有名な「京味」ご出身。
ご夫婦のみでやっている小さいな小さなお店です。お味はピカ一。いつも美味しかったなとうれしくなって帰ります。最近は予約が先まではいらないとご主人が言っていました。ということは、予約がとりやすいということ。今まではなかなか行けなかったので。これからは簡単に予約がとれるようでうれしい限り。
今回は待望の「鯛茶」。でもその前にたくさんのご馳走。
鯛の潮汁も絶品でしたが、写真を取り忘れ、もうひとつの絶品。ヤングコーンの焼いたものです。
ヤングコーン.jpg
ほんのり甘く、コーンの香り。春も過ぎ、夏ももうすぐ来るよと言っているようでした。
他のご馳走もたんまり食べ、もうお腹は一杯!笹田さんはいつも量がたっぷり。ご主人が自分が食べることが好きなので、築地に行って、いつも買い過ぎてしまうそうです。
そして今回の食事の目的の「鯛茶」です。
鯛茶.jpg
ごはんとのセットなので、写真では美味しさが伝わりませんが、すごい厚さの鯛でした。味つけは国産ごまとしょうゆのみという濃厚さ。絶品です。大の鯛茶好きなのですが、お腹がくるしくて苦しくて、2杯目にいけません。笹田さんのご飯がすごく美味しいので、たくさん食べたいのですが、今日はもうダメ〜。と言う感じです。今でも心のこり。もっとご飯と一緒に堪能したかった。次回は他の料理をへらしてもらって、鯛茶を堪能したいです。鯛茶はいつもあるそうで、6.7.8月は鯛が美味しくないので、やっていないそうです。でも予約時に必ず、言わないとでてきませんから、食べたい方はご注意。鯛じたいはそんなに好きではないのですが、笹田さんの鯛は絶品でした。
素材の違いを感じます。料理は素材ですよね。満腹。満腹の週末でした。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.feast.to/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1454

コメント(2)

はじめまして。初投稿させて頂きます。
ヤングコーンというのは、明治屋・KINOKUNIYAなどで瓶詰めされているモノしか見たことありません。むしろそのまま(生の容)焼いているのも初見です。スーパーなどでもよく売っているのでしょうか。
とても興味ある写真でした。

ご投稿ありがとうございます。生のヤングコーンは季節になると一部のところで販売されています。
先週の日曜日、銀座の三越の野菜売り場でも販売されていました。そんなにお高くなかったですよ。
また、あの味を食べたくなり、買おうかなと思いましたが、いまいち家で上手に焼けないかなと思い、あきらめました。デパートなどをチェックしていると出会うと思います。
しかし、皮をむいて、パックにはいっているものではなく、皮付きで売っているものを購入してくださいね。焼かなくてもゆでて、ちょっとお塩をかけても非常に美味しいですよ。

コメントする