☆ビタミンB12::ミニ栄養学

ビタミンB12は、造血作用にかかわるビタミンで、葉酸と協力して悪性貧血を防ぐほか、神経や脳の機能を正常に保つ働きもあります。

●生理作用
ビタミンB12は、コバルトを含み、「赤いビタミン」とも呼ばれています。他のビタミンに比べて必要量はごくわずかですが、補酵素としてさまざまな働きをしています。例えば、タンパク質や核酸の合成をはじめ、中枢神経機能の維持、脂肪の代謝において重要な役割を果たしている他、葉酸と協力して、骨髄で巨赤芽球から正常な赤血球をつくり出す働きにも関与しています。最近では、認知症患者の、脳内のビタミンB12濃度が低いことから、脳が正常に機能するために重要な働きをしているのではないかとも考えられています。

●不足すると・・・
 ビタミンB12が不足すると、造血作用がうまく働かず、悪性貧血になります。進行すると、運動失調などの神経障害を起こします。
ビタミンB12は、腸内細菌によっても合成されるので、極端な偏食をしない限り欠乏することはありません。ただし、ビタミンB12が小腸で吸収されるときには、胃壁から分泌される糖タンパク質の内因子と呼ばれる物質の助けが必要なため、胃の全摘手術をした人や胃粘膜に病変がある人は、内因子が不足し、欠乏症が起こります。また、ビタミンB12は微生物によって合成されるため、植物性食品にはほとんど含まれません。したがって厳格なベジタリアンでは欠乏することがあります。尚、過剰症については認められていません。

●上手なとり方
 動物性食品をきちんととっていれば、ビタミンB12不足になることはまずありません。ビタミンB12は、光や空気によって酸化が進むので、肉や魚を冷凍保存する場合はきちんと密閉するのがベストです。熱には比較的安定しています。水溶性なので、汁・スープごと食べられる調理法がおすすめです!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.feast.to/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1248

コメントする