☆脂質の代謝::ミニ栄養学

脂質は肝臓で再合成されて、脂肪組織に送られ貯蔵エネルギーになるほか、細胞膜などの材料にもなります。吸収される前は、リン脂質・コレステロール・中性脂肪にわけることができますが、これらは分解されたり合成されたりを繰り返しながら体内に運ばれます。今回は、その経路についてお話します。

●中性脂肪は乳化されて吸収
 リン脂質とコレステロールはそのまま小腸に吸収されますが、中性脂肪は十二指腸から出る胆汁によって乳化されたあと、膵液の消化酵素リパーゼによって脂肪酸とグリセロールに分解されてやっと小腸に吸収されます。

●脂肪の集合体「カイロミクロン」
 上記の脂肪酸とグリセロールは小腸壁ですぐにまた中性脂肪に戻り、コレステロールやリン脂質とともに、「カイロミクロン」というリポタンパク質粒子(水溶性で血液やリンパ液になじむ)になってリンパ管に入ります。リンパ管は首のつけ根あたりで静脈に合流し、カイロミクロンはそこから静脈に入って、心臓、動脈を経て肝臓に運ばれます。

●血液を循環するリポタンパク質
 カイロミクロンは、肝臓でVLDL(超低密度リポタンパク質)に再合成されて血液中に出され、その中の中性脂肪が脂肪組織にとり込まれ、内臓脂肪や皮下脂肪として貯蔵されます。そして、必要に応じて脂肪酸とグリセロールに分解されてエネルギーになります。
 中性脂肪が脂肪組織にとり込まれると、VLDLはLDL(低密度リポタンパク質)というコレステロールの割合が多いリポタンパク質になります。これは組織の細胞膜になったり、ステロイドホルモンの材料になったりするコレステロールを運ぶ重要な粒子ですが、増えすぎると動脈硬化の原因になります。
また、肝臓ではHDL(高密度リポタンパク質)も合成され、血液中に運ばれます。これは、LDLとは逆に動脈壁のコレステロールをとり込んで肝臓へ戻るので、HDLが多いと動脈硬化予防につながります。


 次回のお話は・・・タンパク質の代謝についてです。またまた肝臓が大活躍しますよ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.feast.to/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1263

コメントする