☆消化のしくみ::ミニ栄養学

消化とは、食物中の栄養素を吸収し得る形まで分解する過程をいいます。食物の栄養素は、口と胃、十二指腸、膵臓から分泌される消化酵素によって分解されます。口と胃は、おもに機械的(物理的)な運動による消化をし、十二指腸で化学的消化が本格化します。その他にも、大腸内に存在する腸内細菌による発酵や腐敗など作用を伴う消化もあります。当たり前のようですが、自分の力で食べ物を消化できることは、生きていくうえでとても重要です。今回は、食べ物がどのように消化されるかそのしくみについて説明します。

●機械的(物理的)消化
 食べ物が口に入ると、歯で噛み砕いたり、すりつぶしたりして消化の準備をします。また、口内の味蕾(みらい)(味を感じる組織)が味成分を感じとり、その刺激によって唾液が増えます。舌は、その唾液に食べ物をよく混ぜ合わせ、食道へ送ります。唾液にはアミラーゼという消化酵素が含まれ、デンプンを分解します。ただ、食べ物が口の中にとどまる時間は短いので、口の中での消化はわずかです。
 食べ物は食道の蠕動運動(ぜんどううんどう)によって胃に送られ、胃にたまり始めると胃液が出てきます。胃液が出るまでは、唾液のアミラーゼが働いており、デンプンの約50%が分解されます。
 胃液が出てくると胃の運動によって食べ物と胃液が混ざり合い、粥状になります。胃液の主成分は塩酸、ペプシノーゲン、粘液です。塩酸は食べ物を殺菌して腐敗や発酵を防ぎます。ペプシノーゲンは塩酸の働きで活性化され、ペプシンをいう消化酵素になり、タンパク質を分解し始めます。粘液は塩酸から胃壁を守っています。

●化学的消化
 胃の内容物が十二指腸に送られるとき、強酸性の胃液は粘液で中和されますが、内容物はやや酸性に傾いており、その刺激で十二指腸からホルモンが分泌されます。このホルモンは膵臓に働きかけて膵液を十二指腸に出させ、胆嚢からは胆汁を出させます。脂質はそのままでは消化液になじまず分解されませんが、胆汁の助けで消化液と混ざり、膵液の消化酵素リパーゼで分解され始めます。また、糖質やタンパク質も膵液の消化酵素でさらに分解されます。

 食欲の秋で胸やけ・・・な?んてことは私はないのですが、皆さんはどうですか?
胸やけは、胃の入り口の筋肉がゆるんで、胃の内容物が胃液とともに食道へ逆流するときにおこります。胃液には塩酸が含まれるので、食道の内壁を刺激して胸がやけるような感じになるのです。暴飲暴食は避け、よく噛んで秋の味覚を味わいましょう!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.feast.to/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1266

コメントする