☆肥満::ミニ栄養学

 肥満とは、単に標準体重よりも重いというのではなく、体脂肪が過剰に蓄積した状態をいいます。肥満になると、多くの器官に異常を招き、さまざまな合併症を引き起こします。肥満ぐらいたいしたことないと思っているあなた!是非、この機会に自分のBMI(肥満度を判定する指数のひとつ)をチェックして、生活習慣に目を向けてみてください。

● 肥満の分類
 肥満はさまざまな角度から分類がされています。その中でも今回は、一番わかりやすい体型からみた分類についてご紹介します。

? 内臓脂肪型肥満
・内臓(腹部)に脂肪がたまる。
・男性に多く見られる。
・ビール腹、リンゴ型ともいわれる。
・合併症を起こしやすい。
? 皮下脂肪型肥満
・皮下(腕、足、尻など)に脂肪がたまる。
・女性に多く見られる。
洋梨型ともいわれる。
・合併症は起こしにくい。

● 合併症
? 循環器系では
循環血液量、心拍出量が増加して・・・高血圧、心疾患などに

? 呼吸器系では
脂肪が呼吸の妨げとなって・・・睡眠時無呼吸症候群(睡眠時の呼吸困難により十分な睡眠がとれず、日中眠くなる状態が続く症状)に

? 骨格系では
重い体重が負担となって・・・変形性膝関節炎、腰痛などに

? 内分泌・代謝系では
インスリン感受性が低下して・・・糖尿病に
血中脂肪が増加して・・・高脂血症に
尿酸が増加して・・・通風に
卵巣機能障害により・・・無月経、過少月経に

? その他
 脂肪肝、胆石症などに

● BMI(Body Mass Index):肥満を判定する指数のひとつです。
★BMI=体重(kg)/身長(m)2    標準は22とされています。

?判定基準      
18.5未満     やせ
18.5以上25未満  普通
25以上      肥満

上記の判定が25以上の肥満だった方は、標準体重(身長(m)2×22)を目標にがんばりましょう!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.feast.to/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1273

コメントする